年収300万でも在宅で稼げる副業を4個紹介


先が見えない経済情勢。今の仕事でずっと生活できるかと言われたら自信がない人は儲かる副業をすれば良いと思う。

儲かる副業をやるメリット

・本職の給与が減ったとしても生活資金に困る事がない

・本職をクビになったとしてもお金に困る事がない

・ダブルワークをする事で効率的にお金を貯める事ができる

・定年退職が無く、在宅でできる仕事を副業とすれば老後の心配をする必要がない。

 

在宅でできる副業で稼ぐメリットはこんなところ。では具体的に在宅で副業をして稼ぐ方法にはどんなものがあるのだろうか。

 

ブログ

言ってみればこのブログもダブルワークの一環なのだが、ブログで稼ぐ事はおすすめだ。どうやってブログでお金を稼ぐかというと、このブログにも貼ってあるように、GoogleAdsenseという広告を記事に貼る事で広告収益を得ている。GoogleAdsenseは無料で広告を貼る事ができるのでノーリスクで始める事ができるし、広告がクリックされただけで数十円〜数百円のお金が入るのでとても効率よくお金を稼ぐ事ができる。

詳しくはGoogleAdsenseのページで確認してもらいたい。割と簡単に設置する事が可能。

ブログだけで生活をしている人もいるくらい(月に20万〜60万くらい稼ぐ人もいる)ブログでお金が儲かる時代になっている。

 

アフィリエイト

A8ネットamazonといったアフィリエイトサイトから広告枠を配布してもらい、サイトに貼る事であなたの所有するサイトから商品が売れたときに成果報酬を貰うシステムをアフィリエイトという。アフィリエイトはもっともメジャーなネットでお金を稼ぐ方法と言っても良いくらい有名で、数年前までは月間で300万円くらい稼ぐ人もいた。今はアフィリエイターが多い事と企業のウェブサイトの質が上がった事やインターネットユーザが決まったサイトで商品を買うようになった事でアフィリエイトは儲からなくなった。しかし、まったく儲からないわけではなくやり方次第でアフィリエイトから収益を得る事は可能。

 

情報商材/電子書籍

お金をとっても売れると自信のある情報を持っているなら情報商材や電子書籍を販売する事をオススメする。上記のブログやアフィリエイトよりハマれば儲かるのが情報商材や電子書籍だ。1本1万円の情報商材が100本売れれば100万円だし、1册1000円の電子書籍が1000冊売れれば100万円。在庫を持つ必要がなく、極論を言えば世界中に販売する事が可能な電子情報は半永久的に売り続ける事ができる商品になる。ただし、文章力に自信がある事と有益な情報を持っている事が前提となる。

 

FX/株式投資

FXや株式投資は稼ぐというか、投資なのでリスクが伴う点が上記の稼ぎ方と違うところ。FXは短期的な利益を出す事に優れている。対米ドルで1円の円安になれば、事前に米ドルを所有している事で利益を出す事が可能。例えば、100万円を持っていれば、1円の変動で1万円の利益を出す事ができる。昨今の円安情勢を見ていればFXをやらない手はないだろう。去年の末に78円だった対米ドル/円はたったの3ヶ月で94円まで上昇した。これは16円の差額を生んでいて、100万円で換算すれば16万円の利益になる。FXはレバレッジといって、自分が持っているお金より高額な資金運用を実施する事が可能なので、100万円を持っていれば1000万円の外貨運用が可能になる。1000万円で換算したら、16円の差額は160万円にも上る。たったの3ヶ月で160万円の利益を手にできる副業はFXくらいではないだろうか。

一方株式投資はFXよりも変動性が無いが安定資産となる。FXは貨幣の価値が上に上がるか下になるかを予測する力が必要でこれは数ある投資の中でもかなり難しいと言われている。一方株式投資は今後伸びそうな業種や企業に投資する事なので、予測はFXよりも簡単だ。

 

まとめ

以上、在宅で可能な稼げる副業を紹介した。今後も稼げる副業シリーズは更新していくつもりだ。実践可能なものから取り組み、自分の貯金額を1円でも多く増やし欲しい。

年収300万でも在宅で稼げる副業を4個紹介” への3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>