東京ディズニーランドの都市伝説「ミッキー・ミニーの中の人」(9)


今宵も東京ディズニーランドにまつわる都市伝説をご紹介したい。ディズニーランドを代表するキャラクターと言えばミッキーとミニー。彼らはディズニーランドの至る所にその姿を見る。一時期は隠れミッキーなどといわれる、ディズニーランドに隠れているミッキーマウスの姿を探すのが流行ったほど。

ミッキーマウスとミニーマウスは話さない

ディズニーランドにいるミッキーマウスとミニーマウスは決してしゃべらない。世界観を大切にするアミューズメントパークならではの決まりと言っても良い。彼らはたとえ客から殴られても、蹴られても、しゃべらない。それがミッキーとミニーの中の人になる条件だからだ。

ある中学生がミッキーとミニーをしゃべらせようと、2匹を取り囲み、押したり引いたりしたが、彼らは何もしゃべらず、ただただ笑顔だったそうだ。

なんとも涙ぐましいスタンスで彼らは今日もディズニーランドのお客さんを楽しませている。

 

そして、ミッキーとミニーの中の人は決して他人に自分が”中の人”である事を言ってはいけない。これもブランドイメージを重要視するディズニーの方針だ。

他の遊園地のマスコットキャラクターとは一線を引く東京ディズニーランドなのである。東京ディズニーランド都市伝説まとめ

 

東京ディズニーランドの都市伝説「ミッキー・ミニーの中の人」(9)” への3件のコメント

  1. ピンバック: 東京ディズニーランド都市伝説まとめ | TAMENARU ~ためなる~

  2. 愛知県一宮市立尾西第一中学校(当時は尾西市立第一中学校)の生徒が修学旅行でTDLに行ったとき、ミッキーの着ぐるみの人を池に投げ込んだことが昔ありました。
    その後、しばらくの間尾西市はもちろん愛知県の全中学校が修学旅行でのTDL立ち入り禁止を食らい、今では一宮市立尾西第一中学校だけが立ち入り禁止だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>