元ホストが教える二日酔いに効くにはこれだ|アルコールに弱い貴方が社会人として生き残る方法


al

おはようございます。にけたろうです。

今回は、アルコールに弱い貴方が社会人として生き残る方法を伝授致します。

正直私は、めちゃくちゃお酒が弱く。飲むと確実に二日酔いになってしまいます。
しかし、社会人の端くれとして飲めと言われれば飲む必要があります。

また、仕事場ではアホのように飲む先輩ばかり。
毎回二日酔いになってしまいます。

そんな東京砂漠を生き抜くための必勝法をここで伝授致します。

■戦前
・がっつりとウコンの力で力を蓄える。
戦前には牛乳は聞かない(独断と偏見かも知れませんが。)

後はそうですね。準備できる事と言うと、
次の日に二日酔いになることを決心すること。
今楽しければいいじゃないの精神で戦(のみの場)に向かいます。

更に言うと、戦前から戦は始まっております。
中でも大事なのは席順です。
絶対に飲兵衛(お酒をすごく飲む人)の横に座ってはいけません。

■戦中
・まずは生でいい?カンパーイという掛け声から戦は始まります。

このころになると、お酒を飲むことに関して後悔が押し寄せてきます。
あー飲みたくねーという気持ちをハイテンションで押さえ込みます。

私がよくやった手として、口に含んでおしぼりを口に当てて
戻すという荒業をよくしていました。そして、おしぼりをそっと絞る。
この繰り返しで極力体内にアルコールを入れません。

先ほどのポジションで言いますと、もし飲兵衛にあたってしまった場合は、
お手洗いと言ってから席を変えます。相手のペースで戦っては行けません。

■戦後
・宴が終了後、この時点で気分が悪い場合はトイレに篭ります。

ただ、こもると周りに迷惑をかけてしまうため、
先に帰っていていい旨を周囲に伝える。伝えてから存分にトイレに篭りましょう。

ここで注意すべきは、ふらついて帰れないからタクシーで。が一番危ないパターン
電車やタクシーなどの車内は室温が高いため、もどす確立がだいぶ高くなります。

よくやってしまうパターンが〆にラーメンを食べてしまう事です。
これは禁断の果実と同じですので、自分のお腹の出っ張り具合と相談して食しましょう。

また、寝る前に味噌汁や牛乳、グレープフルーツジュースや水などの
水分をいっぱい取るほうが良いです。

■夢共の後
・起きるとまずは、牛乳やグレープフルーツジュースをよく飲みます。
私は牛乳を飲むと頭痛が引いていきます。

その後はからだを労ってゆっくりゴロゴロします。

■まとめ
・いかがだったでしょうか。
とはいったものの、どうしても飲めない人は飲めないと素直に打ち明けたほうが良いです。
そこまでして飲むのはタダのドMか酒好きです。勿論私は。。。

それではまた。