金持ち父さん貧乏父さん実践編|Vol.1


richdad

おはようございます。府中野です。

今回は、金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバートキヨサキ氏が推奨している方法を
実践してみました。(2012年10月28日現在)

その情報を皆さんにお知らせ致します。

収入(労働収入+不労収入)という考え方でして、
いかにして、不労収入(働かなくても入ってくる収入) を増やしていくか。
を考えて行動するか。という様な流れです。

それだけでは解りづらいと思いますので、簡単なフローにまとめました。

1.今働いている会社から給料を得る
2.そこから生活費やローンが差し引かれる
3.余ったお金をキャッシュフローとして投資に回す
4. 投資で得たお金をまた投資に回す
(また1に戻る。)

といった流れで、最終的には自分が好きなように時間をすごすこと。
そして、やりたいことをやる事。がGOALとされています。

では、今回、わたしの場合に当てはめて考えて実践してみました。

1. 某代理店から給料を頂いている。
→ここまでは普通のかたと同じだと思います。

2.そこから生活費やローンが差し引かれる
→わたしの場合は、独身でかつ都内在住ですので賃貸です。
一応ローンはありません。また、家賃を浮かすためにある工夫をしています。

3.余ったキャッシュフローを何に回すかです。
→私は何個かに手を出しています。
A.シェアハウスを実施して家賃を他人の賃料から家賃を捻出
B.毎月収入を得られるビジネスを展開(HPの作成・保守など)
C.TAMENARUを含めたサイトから広告収入をゲット
D.人材紹介をすることで夜ご飯をごちそうに

※B~Dに関しては手間がかかっているので、 正しくは投資ではないかもしれませんが、
これによって少量のお金と人脈ができてきていますので一応書いておきます。

4. 投資で得たお金をまた投資に回す
→ ここは8月17日から始めたので、まだ十分な成果が出ていません。
もう少し金銭的に人間らしい生活が出来るようになったら
不動産などにも目を向けていきたいです。

■まとめ
・実は結構前に動き始めていたのですが、実際に行動に移し始めたのは
2012年8月からです。自分の出来ることから始めたのですが、
けっこう出来ています。(あくまで自己判断ですが、)
まずは、ゴールを決めて、自分の出来ることから始めることがよいのではないでしょうか。

 

金持ち父さん 貧乏父さん」ロバート・キヨサキ氏が破産申請


金持ち父さん貧乏父さん

おはようございます。府中野です。
ショックなNEWSが飛び込んできました。

金持ち父さん貧乏父さんで有名なロバートキヨサキ氏が
2400万ドルの借金にて会社のうちの1つの破産を申し立てました。

ソース

NYポストによると、今年4月、ロバートキヨサキ氏の投資会社リッチ・グローバルLLCは、プロモーターのビル・ザンカー氏から、これまでの利益2400 万ドルの支払いを求めた訴訟を提起されていたが、米連邦地裁はザンカー氏の主張を認め2400万ドルの支払いを命じていたという。

同紙の取材に、リッチグローバルの関係者は、キヨサキ氏がグループ会社は8000万ドルの価値がある、と語っていたそうだ。しかし、それはないようで、キヨサキ氏サイドは支払いができなかったために、破産申請を行うに至ったようだ。

 

私も金持ち父さん貧乏父さんを見て経済的な自由を目指しているのでショックです。
日本国内含めて世界全国でも著書(2,600万部以上)や講演にて大きな利益を得ているそうですので大丈夫だとは思いますが、この記事が与える影響は計り知れないかも知れません。

■まとめ
・アメリカ含めて海外の訴訟は恐いですね。
海外にて勝負している日本人の皆さんもリーガルリスクを考えてみる
いい機会かもしれません。