フクロウの新種が一度に10種類も発見!


images 写真は新しくみつかった10種のうちの1種。

フィリピンで新種のフクロウが一気に10種類発見されたそうです。調査はフィリピンの生物多様性調査チームが10年がかりで行なったらしいです。

10種類のうちの8種類は他の種類の亜種(突然変異みたいな個体が定着して別の種になる事)らしく、2種類はまったくの新種だそうです。

フィリピンなどの中東アジア諸国には十分な捜索がされていない為、未発見の動物がまだまだいる可能性があるそうです。

ロイターの記事によれば、世界全体(つまり地球上)で生息する生物の全体数は推定で870万種いて、そのうちの90%は未発見だそうです。

そう考えると、フクロウが10種類くらい新しく見つかっても、そんなに驚く事では無いような、気がしてしまいます。

特に海洋生物は91%の生物が見つかっていないそうです。宇宙旅行が当たり前という時代が迫っているのに、実は人類って、海もまだまだ知りきれていないようです。