映画「トップガン」の監督、トニー・スコット監督が自殺


映画好きの私にとって悲しいニュースです。映画「トップガン」の監督、トニー・スコット監督が自殺したそうです。

ロサンゼルスカウンティ当局によると、19日、トニー・スコット氏はロサンゼルスの橋から飛び降り自殺したそうです。

トップガンといえば、80年代を代表するアクション映画です。映画「ラストサムライ」、「ミッションインポッシブルシリーズ」でおなじみのトムクルーズ主演。アメリカ空軍を舞台にした映画で、友情と恋愛模様の巧みな描写と航空アクションシーンが見ものの映画です。特に実際の戦闘機を使ったバトルシーンは臨場感あふれるもので当時の映画にはCGがあまり使われていないのでとにかくリアルです。

映画中盤で主人公の親友、グースが事故死するシーンは涙なしには見れません。

Kenny Logginsの「Danger Zone」は今でも日本のテレビ番組のBGMで使われるほど有名な曲です。絶対に日本人なら一度は聴いたことがあるでしょう。

この映画を見た後は自分も何かに挑戦したくなる気持ちになります。とてもアツい映画でした。

トニー・スコット監督にはありがとうと言いたいです。ご冥福をお祈りします。