節約するなら、スマホ代に10,000円を使うな。一括0円と実質0円に潜む罠。


スマートフォン代に毎月、1万円くらい使っている人の話は良く聞きます。基本料金が1,000円くらいで、パケットし放題が5,500円くらい、そこに機種代の分割金が乗って、割引が入り、オプション含め、合計7,000円くらいになったところに通話料が3,000円くらい入れば、10,000円くらいになる計算です。

スマホ節約術

みんなそんな感じなので、あまり疑問に思う人はいないようです。スマートフォンを利用するのにはこれくらいのお金が必要なんだ。そんな風に思っていませんか?

フィーチャーフォン時代は毎月の利用額は5,000円くらいだった

フィーチャーフォン、つまりスマートフォンでないケータイだった時の月額使用料金を思い出してみてください。おそらく、一般的には5,000円〜7,000円くらいに収まっていた人がほとんどではないでしょうか。なぜスマートフォンの利用料金はこんなに高いのでしょうか。

最も大きいのはパケットし放題の値段と機種の分割代金

スマートフォンの使用料金でパイが大きいものを並べるとこうなります。

・パケット利用料…5,500円程度

・機種分割代金…1,000〜4.000円程度 ※機種により差があり、割引もある

・基本料…1,000円程度

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計…7,500円〜10,500円

大きく利用料金のパイを締めるのはパケットし放題の料金と機種代である事がほとんどでしょう。では、スマートフォンを安く使うにはどうすればいいのでしょうか。

機種代金をどれだけ安くするかがカギ

実はスマートフォンの利用料金を安くするカギは機種代金にありました。大抵の機種代金は24ヶ月の分割払いで支払います。それにケータイ会社からの割引制度が適用されて、実質0円という形で購入する事となりますが、ここに落とし穴があるんです。

機種代が実質0円という事は要するに、機種代金が無ければ、受けられる割引額を機種代金にあてがっているという事になるんです。毎月、2,000円の割引が受けられる端末なのに、機種代金がかかっているからプラスマイナス0円になっている。これって損です。なぜなら、機種代金がかかっていなかったら、24ヶ月その2,000円の割引をパケットし放題の料金から差し引く事ができるからです。

iphone4Sで考えてみよう

iphone5が発売された後、iphone4Sの端末料金は一括0円にする家電量販店が増えました、しかも0円で購入しても、毎月の1,600円程度の割引はそのままです。

つまり、

基本使用料…1,000円

パケット利用料…5,500円

割引額…ー1,600円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計…4,900円

 

最初に出した計算と比較すると一括0円でスマホを購入した方が、断然お得だと言う事は明らかです。

実質0円と一括0円は天と地の差

よく家電量販店でみかける実質0円と一括0円という表記があると思いますが、この表現には天と地の差があるわけです。月額にして、3,000円程度の利用料の差がありますし、途中でケータイを解約したときなどは何万円というお金を払う必要があるか無いかの差になります。

なので、節約したい人は一括0円のケータイを利用する事をおすすめします。少し前なら、一つ前のケータイはスペックが低すぎて使えないなんて事がありましたが、最近の機種ならひとつくらい型落ちしてても十分に使えるスペックを持っています。現に、iphone5の登場でiphone4Sが一括0円になりましたが、iphone4Sが使い物にならないとは誰も思わないでしょう。

一括0円で節約できる

最後に一括0円のスマホにする事で得られる金銭的なメリットをご紹介します。

上述したように一括0円のケータイは実質0円のケータイと比較して、3,000円程度、月額利用料が安いです。1年同じ条件で使い続けたら、一括0円は実質0円と比較して、36,000円お得に利用でき、2年では72,000円もお得に利用できます。

最新のスペックを持った端末を利用するのに72,000円支払わなければならないとわかったら、あなたは最新の機種を買いますか?

 

節約するなら、スマホ代に10,000円を使うな。一括0円と実質0円に潜む罠。” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>