話題のスカイマークに乗ってみた


skymarak

おはようございます。府中野です。

今回、某社長の発言で話題になったスカイマーク(SKYMARK)に乗ってみました。

簡単に経緯を説明しますと、(下記Wikipediaスカイマークを参照)

2012年6月、スカイマークが乗客向けに作った「サービスコンセプト」と言われる文書において、「機内での苦情は一切受け付けません」や「お客様相談センターか消費生活センターに連絡」としていたことに対し、5日に東京都消費生活総合センターが抗議、6日には消費者庁が「自社サービスに関する苦情を、税金で運営されている公的な相談機関に振り向けるもので、容認できない」(福嶋浩彦消費者庁長官)として回収を要請したため、前述の文書は回収されることになった[

すごく簡単にまとめますと、我々のサービスは航空運送業であり、

機内のサービスでは苦情はうけつけておりません。とクレームや意見に関しては、

お客様相談センターや消費生活センターにして欲しいという内容でした。

消費者の抗議を元に消費者庁がNOを出したため文章が撤回されることとなりました。

 

私は上記文書を見て、たしかに、飛行機は航空運送業であり、

競合は新幹線や飛行機などの長距離運送業である。その中で、

ユーザーが求めるものとしては、

1.安全性(そもそも安全に着くか)

2.料金(安いか)

3.速さ(物理的に目的地に早くつくか)

4.快適さ(快適に移動できるか)

5.設備(スペースの広さ)
6.サービス(無料の飲み物)

7.客室乗務員(可愛いか)

本質からずれているものもあるが、上記4点がユーザーの長距離運送において

主に求めている要素ではないだろうか。

そもそもスカイマークは路線数と便数は少ないが、
他航空業界と比べて安い価格帯であり(LCCを除いて)また、安全面、ほとんどの場合で欠便がない状態である。

事故に関しては長距離移動乗り物の中で最も安全と言える。
(上記事故に関してはウル覚えのため、後でソースをUP致します。)

新幹線や高速バスより早く着く。ということで長距離移動の競合と比較しても
かなりの優位性をもつことになる。ただ、今回の発言は本質からずれているCAのサービス。
を軽んじる発言は少なくとも日本人の感覚からは反感を買う結果となった。

ただ、本質ベースで考えるとあくまで、CAのサービスはオプション程度の
重要性であるためそこまで重要ではないと私としては考えている。
(もちろん人の価値観や年齢・性別・社会属性によりますが。)

■感想
スカイマークはすごい快適でした。安全・早い・欠便しない。
福岡空港⇔羽田空港に関しては一番良いと感じております。

ビジネスパーソンとしてはすごい重宝するのではないでしょうか。

□快適度

2・3時間の移動であればほぼ問題にならないレベル。

無料でのおしぼりや毛布配布などある程度快適に過ごせる。

★★★★☆

□価格

やはり大手航空業界と比較すると非常に安い。

が、LCC(ピーチやエアアジア)の参入により”安さ”では後手に回ることに。

★★★★☆

□CAの質

あくまで与えられた業務をこなすのみ。ANAやJALとは異なり

積極的な気配りが見えなかった。また、受付がじゃっかん雑な気がしました。

★★★☆☆

 

もし機会があればみなさまも一度利用してみては?
次はLCC(ピーチ)の特集を載せる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>