シェアハウスしている人(シェアメイト)ってどんな人?|シェアハウス入門ブログ


シェアハウスで一番気になるのが、シェアメイトはどんな人が住んでるか?という事だと思います。一緒に生活していく人なので。

シェアハウスをしている人は変わり者が多いなんて思っている人も中にはいるようです。では、シェアハウスに住んでいる人の属性をご紹介しましょう。

普通の社会人 →実はこのパターンが一番多いです。

実は普通の社会人の人がシェアハウスしている割合がものすごく高いです。シェアハウス入門ブログでも解説しましたが、シェアハウスという住居形態が一般化してきて、一人暮らししているよりも仲間とわいわい暮らした方がいいよね。という考えを持つ人が増えてきた事がその理由かなと個人的には考えています。

男性と女性の割合でもほとんど五分五分くらいなのでは?と思うくらいバランスが取れています。最近では女性専用のシェアハウスがたくさんあるのがその証拠です。一軒家に男女が一緒に住むというパターンもあります。住むシェアハウスがどうかについてはその家次第という感じですね。

 

ノマドやSOHOなど、フリーランス・個人事業主をやっている人

最近流行の会社に属さずに、ノマドやフリーランスとして働いている人。こういった人たちにもシェアハウスは大人気です。会社に属していないので、仕事をやった分だけ自分の給料とする事ができるのですが、その反面住宅手当とか家賃手当とかはないので、それなら家賃の安いシェアハウスに住んでしまおうという考えでシェアハウスにする人が多いのです。それ以外にもメリットがあって、人脈が広がるとか、仕事の話が降りてくる、家にいる事が多いので、仲間とのコミュニケーションがストレス発散になるといったメリットもあるようです。

 

海外での移住経験のある社会人

家賃の高いエリアではシェアハウスって当たり前の文化なんです。例えばアメリカのニューヨークなんかは土地柄家賃が高騰しやすく学生は必ずと言っていいほどシェアハウスしてたりします。なので、海外移住の経験がある人はシェアハウスという住居形態の魅力を知っているので、日本でもシェアハウスしているというパターンが少なくありません。

 

海外からの留学生

海外からの留学生がシェアハウスにいる事もあります。彼らは上記にあるようにシェアハウスの文化がある土地から来ていたり、東京などの都市部の家賃が高すぎるので、シェアしているといったパターンが多いように思います。

 

観光やビジネスなどで数ヶ月〜数年日本に滞在している人

短期滞在で日本に来ている人もシェアハウスに入る事があります。ホテルに滞在するよりシェアハウスの方が安いんですね。

 

英語の勉強をしている社会人

上記で書いた通り、シェアハウスには外国人もいて、彼らと一緒にシェアすると英語でのコミュニケーションが必須となります。なので、英会話を習得したいと考えている社会人は英語を話すシェアメイトがいる物件に住む事で英語を勉強する事が可能です。英語は習うより慣れろという言葉があるとおり、英語習得の近道は英語を話す環境に自分を置く事なんです。

 

こんな人たちがシェアハウスをしているのですが、イメージはつきましたか?

もし、あなたがシェアハウスに興味があって、シェアハウスの雰囲気を掴みたいと思っているなら、実際のシェアハウスを見学に行くのもいいでしょう。空き室がある物件なら見学できるはずです。そこでシェアメイトの様子を一緒にウォッチしましょう。>シェアハウスに興味がある人必見の記事

シェアハウスしている人(シェアメイト)ってどんな人?|シェアハウス入門ブログ” への1件のコメント

  1. ピンバック: シェアハウスに興味がある人必見の記事|シェアハウスブログ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>