ルームシェアとシェアハウスの違い|シェアハウス入門


シェアハウスとルームシェアという言葉があると思います。これって何が違うの?それぞれを知らない人は必ずと言っていいほどそう思うはずです。

実はシェアハウスとルームシェアは全然別物です。

ルームシェア

友人などで一部屋を借りてシェアする住居形態。プライベートな部屋が無い場合をルームシェアと呼ぶ事が多い。そして、シェアハウスと違い、ほとんどの場合会社などを仲介せずに個人間で契約などを行なう事が多い。1部屋なのでシェアハウスより格安となる場合が多いが、途中でどちらかが離脱した時など問題となる事があると言う点でリスクがある。

また、プライベートな空間が無いという点でストレスを抱えやすい。

 

シェアハウス

シェアハウスは会社や個人の家主を仲介する形で提供される一軒家を数人でシェアする住居形態を指す。会社や家主がいる事で法律的、金銭的なトラブルは起きづらい。

ただ、ルームシェアよりは家賃が高い所がほとんど。家賃を低く抑えたいなら会社が経営しているシェアハウスよりも個人が経営しているシェアハウスがおススメ。家賃交渉はし易いし、デポジット(保証金、クリーニング代など)を求められない所もある。

そして、シェアハウスがルームシェアよりも良いポイントはプライベートな空間が確保されているという事。プライベートな空間が無い事に人間は意外にストレスを感じやすいがシェアハウスならプライベートな空間はちゃんと確保されている所が多い。>シェアハウスに興味がある人必見の記事

ルームシェアとシェアハウスの違い|シェアハウス入門” への1件のコメント

  1. ピンバック: シェアハウスに興味がある人必見の記事|シェアハウスブログ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>