長嶋茂雄と松井秀喜の国民栄誉賞


プロ野球史上、稀にみる師弟コンビの同時国民栄誉賞受賞。

長島茂雄と松井秀喜は受賞が確実視されている。しかし、ここにきて、「長島はともかく、松井の受賞は時期尚早」という声が聞こえてきた。

松井は昨年大リーグで野球人生に幕を下ろしたばかり。たしかに日本にいた時は「ゴジラ松井」と呼ばれ巨人ファンを興奮させてきたが、大リーグへ行ってからの成績は振るわず。当初移籍したヤンキースからは戦力外とみなされてしまった。

記録でいうと松井の成績を上回る選手は少なくないし、日本人として初めて大リーグに渡り功績を残したという点では野茂投手がいる。

なので、松井の受賞には疑問の声が上がっているのだ。野茂は?イチローは?王貞治は?

ただ、今回の受賞はきっとミスター&ゴジラのダブル受賞という話題で野球を盛り上げたいという野球界の強い要望があったと思われる。

タッチを全巻読んだ私には何となく野球界の思惑がわかってしまうのだ。

タッチは名作だった。野球漫画と思わせておいて、実は恋愛漫画。

上杉達也と和也という双子の主人公を中心にヒロイン朝倉南や新田の妹といった女性キャラの色恋物語をあだち充の独特の様式美タッチが彩る。・・・タッチだけに。いや、何でもない。

個人的には南ちゃんより新田の妹の方が100倍かわいい。俺だったら絶対新田の妹へ行く。

新田の妹に「甲子園に連れてって♡」などと言われたら、余裕シャキシャキで野球部辞めるわ。コータロー後は任せたぜっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>