目標を必ず達成する人がしている事


 

進学、就職、社会人になってからの仕事。自分の夢。———–人間は人生で何度も目標を立てる動物であるが目標を達成する人としない人がいる。

目標を達成した方が人生は楽しいに決まっている。達成感もあるし、充実感もある。

目標を達成する人はどんな人でどんな事をしているのだろうか?それを見て自分の生活にあてはめる事ができればきっと目標を達成できる人になるだろう。

Never give up

 

1.責任を自ら負う人

目標を達成する人は目標を達成するために生まれるリスクに対して自分に責任を課す人が多い。逆に言うと目標達成に失敗してしまう人は責任回避型が多いという。これはなぜか。

目標を達成する為には目標に応じた行動を取る必要がある。行動を取るとは自分自身との戦いになる。遊びたい、寝たい。。そんな自分自身の欲求と戦う為にはある程度のプレッシャーが必要だ。

会社勤めをしている人と自営業をしている人を見ると行動の差ははっきりしている。会社勤めなら、黙っていても会社に所属していれば毎月十二分に給料が支払われるが、自営業の人は行動しないと食っていけない。

おのずと自営業の人は行動を起こすだろう。黙って収入を得ている人はまれだと思う。

そして、目標を達成するのはどちらか。後者だろう。目標は行動なしには達成できないのだから。行動をしないという選択肢を持った時点で目標未達のリスクを負う事になるのだ。

 

2.プラス思考

ピンチはチャンスと思えるかどうか。これによって成功の確率は格段に違ってくる。

先も述べた様に目標達成には行動が付随するが、行動は楽しんで行なう方が効率が上がる事が脳科学者の臨床実験によって証明されている。

これは生物学的にそういうものなのである。効率的に行動できる人とそうでない人。どちらが目標を達成するスピードと可能性が高いか?

飛行機でヨーロッパに行く人がいる一方でカヌーで大西洋を渡ろうという取り組みをするようなものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>