日本マクドナルドに見る戦略の考え方。


おはようございます。府中野です。
本日はマクドナルドに関して記事をまとめてまいります。

日本マクドナルドは1971年アメリカからフランチャイズを買い藤田田さんが設立した。
藤田さんはトイザらスなどを手がけた人物である。

最初は、話題性や格安を売りにしており好調だったマクドナルドも陰りを見せる。
1995年にはハンバーガーを210円→130円に変更。
これに対抗して値下げするファーストフードチェーンが続出し、価格破壊戦争がおこった。

2000年には平日半額キャンペーンと打ち出し、65円でハンバーガーを販売したが、
客単価の減少や値下げを戻す段階で顧客離れがおこった。
その後、

価格破壊戦争を引き起こした結果、経営悪化と「ハンバーガーは安物食品である」というイメージを消費者に与えてしまい、ブランドイメージが大きく損なわれた。藤田は戦略失敗による経営責任をとり、引退する。その後日本マクドナルドは米国マクドナルドの直轄体制となり、現在に至る。

 

2005年より社長が原田泳幸さんに変わると同時に、今までの安かろう。悪かろうの
イメージを変える施策を打ち出した。

具体的には、来店者数×顧客単価=売上に法って説明していきたい。

■スタッフのモチベーションUP
もちろん、売上を作るために不可欠なクルーの教育。評価制度の見直し
などに対する施策を行った。具体的にはバイトのクルーでも社員と同じく
表彰されたりと、頑張れば結果として見える形が仕組みとして創ったのである。

■来客数の増加
はじめに「来店者数」の改善から行った。
具体的には、商品の質を上げるためにMFY(メイド・フォー・ユー)の全店導入や
100円マック戦略などで話題を創り着実に来店者数を増やした。また、人気商品である
えびフィレオ」などが定番メニューとなったのもこの時期である。また、24時間営業にした
事も夜のお仕事やガテン系の方などの幅広い来店に繋がった施策である。

■顧客単価の向上
次は「顧客単価」の拡大である。
今となっては当たり前だが、「ついで買い」しやすい100メニューの拡大や
「ビッグアメリカ」に代表される期間限定商品の導入などが挙げられる。
また、今だと携帯やスマフォからクーポンなどで各ユーザーに合わせた商品提案等も
顧客単価を1円でも上げる施策として注目されている。
また、メニュー表の中にもセット商品を推すような形式になっているのも施策の一つである。

■これからのマック
・マクドナルド赤字時代から変更した事を上げていくと、
1.スタッフ(クルー)のモチベーションを上げた
2.来客者数を上げる施策
3.顧客単価を上げる施策の順番だと読み取れる。
次の施策としては、現状より更なる来客数の増加や顧客単価を上げる仕組みを
作っていくであろうマクドナルドの今後の動きが楽しみだ。

■まとめ
現在のマクドナルドが成功を収めた重要なファクターとして資金力があり、
様々な施策を打ち続けられた事がまずいちばんだと感じた。
日本の98%は中小企業なので参考にならないかもしれないが、
まずは、スタッフ→来客数→単価との流れは参考になるのではないかと感じました。

日本マクドナルドに見る戦略の考え方。” への1件のコメント

  1. ピンバック: 好調なマクドナルドに見る人材の大切さ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>