マクドナルド11ヶ月売上減少のピンチ。起死回生の一手は?


おはようございます。府中野です。

マクドナルドピンチです。皆さんはどう思われておりますでしょうか?去年の1月より売上が減少しております。そんな中、マクドナルドはどうするべきか素人目で分析しました。

売上=顧客単価×顧客数×リピート

最近の施策では上記要素のどれをマクドナルド側はあげようと考えていたのでしょうか。

”60秒無料キャンペーン”(名前は違うかもしれません)
→簡単に説明しますと、商品を60秒で用意できなければ無料プレゼントというものです。

恐らく、話題作りから顧客数、
無料チケットを持って次回来店することからリピート率の2軸ではないでしょうか。
しかし、無料でチケット付与にて顧客単価が当然下がってしまいますよね。

お得感がなくなってきた

そうなんです。最近は正直マックと聞いてお買い得感がありません。
皆さんもそうではないでしょうか。結局行くと1000円程度使ってしまい
昼ごはんとしては高く感じてしまいます。

話題性が出せていない(商品に飽きだしている)

これはどうでしょうか。基本的に昨年まではアメリカ横断など一度は行きたいという気持ちになれる新商品が必ずありました。しかし、現在では行ったとしても無料チケットのみ。
ネタとして行く魅力がまったくありません。つまり、新規ユーザーを取り込む仕組みが弱いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。とは言ったものの、実は私重度のマックユーザーです。
マクドナルドの珈琲は美味しい!ぜひとも原田泳幸さん率いるマクドナルドには
頑張って外食産業の雄として日本経済を引っ張ってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>