深夜自殺をしたくなった時に考えて欲しい3つの事


自殺

おはようございます。皆さんはどんな性格と言われますでしょうか。

私は明るく行動的だとよく言われますが、反動でネガティブな発言を真に受けてしまい、なぜ

私は生きているのか。本当に生きている意味があるのかと考え、外にでたくなくなり

人との関わりを断ち切ってしまう習性がある。

そんななか、最も死にたいと思う感情が湧き出るのが深夜である。

これはあくまで私だけかと思っていたが

厚生労働省の資料でも同じというデータが出ていました。

【参照:厚生労働省】

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/4.html

なぜ、深夜に自殺する人が多いのかを考えると、

  1. 精神状態が不安定になりやすい
  2. 自殺がしやすい
  3. 制止する心がなくなる

事が考えられる。

1.に関しては夜は昼の後にあるため、ある程度疲れが溜まっている事が多く、
かつ、太陽が出ていないため自ずとネガティブになってしまうという研究結果も出ている。

2.に関しては夜はあまり人と接する機会がなく、
自殺を物理的に止める人が少ないことが考えられる。

3.に関しては1と似ているが、死にたいと考えたときに死ねない理由を人間は探すと思う。
その中でも、もういいや。疲れた。と言う感情が出やすいのではないだろうか。

稚拙な分析は置いておき、そんな振り幅の大きい私が医者からアドバイスされたことと

尊敬する人からのアドバイスの中からを3つ紹介したい。

  1. 自殺など良からぬことが頭にめぐった時、実行は朝になって太陽を見てからしなさい。
    太陽を見れば今ままで悩んでいたことが馬鹿らしくなるくらいのエネルギーを感じるよ。
  2. したかったら死ぬのも個人の自由なんだけど、恐らく頭の中に色々な人が頭に
    浮かぶと思うんだけど、その人達に直接お礼を言ってからでも遅くはないんじゃない。
  3. 深夜なんて頭が疲れて冷静な判断が出来るわけ無いんだから寝てから考えろ。

いかがでしょうか。まあ人によってはなるほど。と思ったり、そんなの当たり前じゃないかと。
思われる人もいるとは思いますが、この言葉によって2012年8月31日の深夜に自ら命を絶つことを留まれたので、皆様に一つでも気づきがあればなーとおもい、この記事を書かせていただきました。

■まとめ

Life is beautiful!

深夜自殺をしたくなった時に考えて欲しい3つの事” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>