金本知憲引退|今までありがとう兄貴!


金本

おはようございます。府中野です。

先日9月12日、金本知憲兄貴が引退を発表しました。
いやー一時代の終焉ですね。
最近はレフトからショートまでボールを投げられないなどファンやマスコミから叩かれていましたが、阪神の優勝を支えたメンバー。素直にお疲れ様でした。と言いたいですね。

さて、今回は金本伝説を紹介したいと思います。

右投げ左打ちの打者としては日本プロ野球歴代最多の本塁打を放っており、連続出場イニング数の世界記録保持者。

2012年4月現在、日本プロ野球における現役の野手では最年長である。また、日本プロ野球の連続試合出場記録では現役最多、歴代2位である。

もう、言わずもがなですが、連続出場イニングでは世界記録保持者。
この時点ですごすぎます。

 

 

その他の記録
  • サイクルヒット:1999年4月24日、対中日ドラゴンズ5回戦(広島市民球場)※史上49人目
  • トリプルスリー:1回(2000年)
  • 連続試合フルイニング出場 1,492試合(1999年7月21日 – 2010年4月17日)※世界記録
  • 連続イニング出場 13,686イニング(1999年7月21日 – 2010年4月17日)※世界記録[19]
  • 連続試合出場 1,766試合(1998年7月10日 – 2011年4月14日)※衣笠祥雄の2,215試合に次ぐ第2位
  • 連続4番先発出場 880試合(2004年4月2日 – 2010年4月17日)※日本記録
  • 連続無併殺打 1,002打席(2000年5月12日 – 2001年9月28日)※日本記録
  • 1試合5四球(2001年10月11日)
  • 1イニング5打点(2003年5月31日)
  • 月間2度の3打席連続本塁打(2009年4月8日・4月10日)※プロ野球史上初
  • 全試合出場で規定打席未到達(2010年)※プロ野球史上初
  • セ・リーグ最年長盗塁(2012年9月7日・44歳5か月)
  • セ・リーグ最年長三塁打(2012年7月31日・44歳3か月)
  • セ・リーグ最年長本塁打(2012年6月23日・44歳2か月)
  • セ・リーグ最年長猛打賞(2012年4月28日・44歳0か月)
  • 10,000打席到達(2011年)※史上8人目(大卒選手では史上初)
  • 全球団から本塁打:2005年6月10日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に入来祐作から右中間へ逆転2ラン ※史上4人目

・中でも連続無併殺打 1,002打席この記録がすごすぎます。
これだけまとめるといかに彼が偉大な選手だったから、、、
引退と聞いて他球団のファンも寂しいと感じたのではないでしょうか。

■まとめ
何が言いたかったというと、KONAMIのゲームで金本の兄貴は能力が高すぎですw
それぐらいすごい金本の兄貴
今までお疲れ様でした!

金本知憲引退|今までありがとう兄貴!” への2件のコメント

  1. ピンバック: サムライJAPAN?いや、ロウニンJAPAN!!−大学受験に失敗した一流プロ野球選手徹底特集 | ヒトツマミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>