感動する金栗四三の逸話集


感動するスポーツ選手の逸話集をご紹介いたします!

今回は、日本初のオリンピック出場マラソン選手の金栗四三の話をご紹介します。

皆さんはマラソン選手と言われれば、箱根駅伝で早稲田を贔屓しまくる、
現日清食品陸上部監督の瀬古さんくらいでしょうか。

それでは金栗四三さんのエピソードを紹介します。

金栗四三のエピソード

国内で世界記録を20分以上も塗り替えるような記録を出しながらも本大会では日射病で倒れ、行方不明扱いにされてしまった。 
日本の期待を一心に背負いながら、それでも走りきれなかったことで、深い自責の念に駆られた。 
それでも日本のマラソンの発展のために50年間尽くしてきた。 

1967年、ストックホルムオリンピック委員会から「オリンピック55年祭」が開催されるので来てもらえないかという連絡が届いた。 
式典後、当時のコースを懐かしげに辿る金栗。そして55年前にたどり着けなかったスタジアムに足を踏み入れた。 
何故かそこには観衆と役員、そしてゴールテープ。思い出のスタジアムで念願のゴールテープを切った金栗。

 『日本の金栗がただ今ゴール。 
   タイムは55年…。 
   これで第5回ストックホルム大会の全日程は終了しました』 

kanakuri

私はこれを見た時、魂が震えました。
スポーツは人を感動させる。

勝者の影には幾万の敗者。
私も怪我で挫折してスポーツを辞めましたが、
様々な大切な事を学びました。

みなさんはどうですか?熱くなった魂を
やりたいことに全力でぶつけてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>