桜に関する|感動する話


日本人の98%が好きだと言われている桜。

その桜に関する感動する話をご紹介いたします。

敷島の大和心を人とはば朝日に匂ふ山桜花

国学者 本居宣長の和歌である。
桜を日本人の「こころ」ととらえ、桜をみて「美しいなぁ」と感嘆の声を上げる、理屈抜きで美しさに感動することこそが日本人の精神だというのです。
桜を愛してやまない日本人。これからもずっと日本の象徴の花となりつづけるでしょう。

 

ぱっと花を咲かせた後、散って行く桜の儚さや潔さ

諸行無常といった感覚にたとえられており、ぱっと咲き、さっと散る姿ははかない人生を投影する対象となった。

一方で散りゆく様が美しいことから武士道的な美徳を重視した旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用された。

今も昔から桜を見ながら酒を呑む。
日本人の感性に合っている素敵な桜、そんな桜をいつまでも見ていたいものである。

桜に関する|感動する話” への1件のコメント

  1. ピンバック: 感動する話まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>