家族シリーズ「そばに居てくれて本当にありがとう」|感動する話


子育てに関する感動する話をまとめました。
今回は、「そばに居てくれて本当にありがとう」です。

御覧ください。

そばに居てくれて本当にありがとう

一週間ほど旅行に行って帰ると猫がいなくなっていた。
親に聞くと、私が旅行に出た日にいなくなったんだと。

心配していると次の日、何食わぬ顔で帰ってきた。
でも、よく見るとぐったりしていて、病気だという事はすぐに分かった。

獣医に連れていくと保っているのが不思議だ、
もって1日くらいだと言われ、ショックで泣いた。一晩中泣いた。
そしたらケロが苦しいだろうに、私の手を舐めて小さく鳴いた。

その日から、ケロは1週間ほど生きた。
苦しそうでミルクもスポイドでしか飲めなくて、
何もしてあげられない自分が悔しくて涙が出た。

私が泣くと猫のケロが、手を舐めて私を慰めてくれた。
最後は、私の膝の上で、ちょっとだけ苦しそうに鳴いて逝った。

病気になってごめん。
一番苦しい時に私を捜していたのにいなくてごめん。
一週間も長く苦しませてごめん。

葬式後にみんなに言われたよ。
「あんたに会いたかったから、帰ってくるの待ってたんだよ。
あんたと、少しでも長く一緒にいたかったんだよ」って。

そうだね、きっとそうだったんだね。

苦しかったののに、私ばかり泣いてごめんね。
私のそばにいてくれてありがとうね。
今も、ケロが大好きです。

命の大切さ。
無くしてから気づく尊いものですね。
>感動する話まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>