家族シリーズ「1年前事故で亡くなった妻の遺品」|感動する話


子育てに関する感動する話をまとめました。
今回は、「1年前事故で亡くなった妻の遺品」です。

この記事を見ると毎回涙が出てきます。

1年前事故で亡くなった妻の遺品

今年に入って義母から、1年前事故で亡くなった妻の遺品送るねって
小包が届いたんだけど、日記が入っててさ、

俺と喧嘩したこととか、冗談交じりの文句とか幸せに思ったこととか、友達のこととか。

で、巻末のほうまでペラって捲ったら、○○(自分の名前)がしなきゃいけないこと10か条!って、いきなり文字がでかくなって書いてあってさ。

その一 ○○(俺の名前)の仕事をちゃんと理解して応援する!
その二 ○○が傷つく言葉は言わない!
その三 夜更かししないで○○の生活に合わせること!
その四 おいしいご飯を作る! 

で、最後に
その十 何があっても○○と一緒に生きていく。負けないぞー

って書いてあったんだ。喧嘩して実家に帰ったとき書いたんだろうな。

ただでさえ、俺の方が反省すること多かったのに。
毎日後悔の念に押し潰されて、この一年過ごしてきたのにって。

あいつ、ちゃんと分かってたんだなって。
俺のこといっっぱい理解しようと頑張ってたんだなって。

そう思ったら、一年歯句縛って、悲しむことから逃げて仕事に打ち込んできた自分が、
なんてつまらない人間なんだろうって。

これ読んでたら、通夜のときの何百倍も心から哀しいって思った。

出棺のとき、もうこれ以上泣けないってくらい泣いたのに、

体が震えて、口が渇くまで涙が止まらなかった。
もうダンボールに入ってる写真とか、

妻が大事にしてたものとか他のなによりも、この紙きれ一枚が心の支えになってる。

こんな俺のことを支えようって思ってくれてありがとうな。
もっともっと自分を磨くから・・・見ててくれ。

 

こういう話はグッと来ます。
私は何かあったときのために、
嫁とこどもに向けた手紙とビデオを残しています。

家族シリーズ「1年前事故で亡くなった妻の遺品」|感動する話” への1件のコメント

  1. ピンバック: 感動する話まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>