AKB48前田敦子|感動する話


元AKB48不動のセンターの前田敦子。
彼女が数年間数百人の中からセンターになる理由はあります。

今回は、彼女のエピソードを含めて紹介しよう。

誰もが認める地味な女の子

中学生の頃、もともと目立つ事が苦手で、授業中先生に指される事さえ怖かったという、
どこにでもいる内気な普通の女の子だった。

また、性格も控えめで、彼女がセンターとなる「渚のチェリー」では
「一人だけ目立つのは嫌」「やりたくない」と最初はセンターになることを嫌がり泣いた。

秋元康曰く

「前田敦子というエースは本当に不器用なんです。すぐ顔に出てしまう。心にないことは言えません。だから、すごく誤解されます。やる気がないように見えることもあり、『ぶすっとしている』とバッシングを受けました。でもそれでいいんです。もちろん他のメンバーのように、いつも挨拶できる子も魅力的ですが、でも前田敦子みたいな子がいてもいいと思っています。『秋元さん、前田敦子に注意しなくていいのか』と言われるが、まあいいと思っています」とのこと。

不器用で人一倍、誤解されやすい素直な女の子。
そんな彼女の成長がファンの心を掴んだのではないでしょうか。

>感動する話まとめ

 

AKB48前田敦子|感動する話” への1件のコメント

  1. ピンバック: 感動する話まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>