嫌なことに立ち向かえる5つの方法


おはようございます。府中野です。
嫌なことに立ち向かえる5つの方法をご紹介いたします。

いやー社会人をしていると嫌なことってたくさんありますよね。

1.最悪の状態をイメージする
→これは心理学的にも言われているのですが、最悪を考えることで楽になります。
最悪の場合はどうなるか。これが抽象的だから、掴められないものであるから
不安な気持ちが大きくなるのです。

出来れば、紙に書き出したり口に出したりすることで自分を奮い立たせましょう。

 

2.考える暇なく即行動
→まず嫌なことはだれでも嫌です。しかし、そのイヤだなーと考える暇なく
即行動する。そうすることでいやだな~と落ち込む時間をとるのを辞めましょう。

 

3,夢中で頑張る自分へエールを
→これは怒られたら自分に飴を与えましょう。
飴を与えることで自分を奮い立たせましょう。私がよくするの謝ったら飴を舐める。
チョコを食べるなどはよくしています。

 

4.現実逃避
→これはもういやなことは考えない。なるがままに身を任せましょう。
止まない雨はありません。いずれは雨は上がります。

 

5.自分が尊敬する人だったらどうする
→これは私がよくやります。私が尊敬する人だったら。
それを真似して演じるようにしています。
例えば、ホリエモンだったらどう切り抜けるだろうか。と常に考えております。

■まとめ
・いかがでしょうか。嫌なことは自分が試されている試練です。
逃げたくなる時もあるでしょう。
最大限に自分を奮い立たせて挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>