Iphone5 中国の工場で、またストライキ。


Iphone5の中国工場でまた、ストライキが発生した模様。

中国河南省鄭州市で5日、台湾の精密機器メーカー鴻海精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン・テクロノジー・グループ)の工場従業員が、大規模なストライキに突入した。権利団体のチャイナ・レーバー・ウォッチが明らかにした。
同団体によると、ストには3000─4000人が参加し、米アップル<AAPL.O>の「iPhone5」の生産ラインがまひしている状態だという。スト参加者らは、過度の品質管理に加え、大型連休中も労働を要求されることに対して反発している。
ストの状況は確認できておらず、現在も生産が中断しているかどうかも不明。アップルはコメントを差し控えており、フォックスコンの広報担当者は事実関係を調査中とした。

これは、下請け業者の富士康科技集団(フォックスコン・テクロノジー・グループ)に否がある。今、中国人労働者が得るべき賃金は市場環境によって、高騰している、それに対して、十分な賃上げ対応をしていなかったのではないかと思ってしまう。もちろん、企業は十分な対応をしていて、中国人労働者が傲慢に賃上げを要求しているという可能性もあるが、それもまた、富士康科技集団(フォックスコン・テクロノジー・グループ)の責任かと思う。

なぜなら、従業員の意識を統率して、顧客に対して、最良の製品を届けるのが、企業の責任であるからだ。

Appleもこのような問題が続くようであれば、中国生産を見直すべきだと思う。世界のIphone5を待ち望む人々にとって不利益となるような手段で生産ラインを確保すべきでない。

顧客第一義主義の企業が長く支持され、繁栄する事は歴史が証明している。少なくとも、企業精神を説いた古典ともいえる書、「ビジョナリー・カンパニー」に登場する企業の精神は常にそうであった。

ならば、今、起きている問題に対して、Appleは考えなければならない。短期的な利益を取るのか、未来へ繋がる構造を再構築するのかを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>