イチローが国民的ヒーローになり得た3つの理由


なぜイチローがこんなにも日本国民から愛されているのか。
皆さんは御存知でしょうか。

2013年のWBCでは最初に「イチロー率いるメジャーリーガーは出場せず」
など現在の日本スポーツ界において最も人気のある人物といっていいのではないでしょうか。

今回はそんなイチローが好かれる理由。国民的ヒーローになり得た理由をご紹介いたします。

イチロー神走塁

なぜ鈴木一郎氏が好かれるのか紐解いていこうと思う。
簡単に説明すると、彼はプロ野球選手で日本で数々の記録を打ち立てた後、アメリカに渡る。
その後も、シーズン最多安打記録など数々のすごいことをした38歳の現役のおじさんである。

1.彼は天才ではなく秀才(だと思われている。)

イチローはたしかに天才だ。しかし、天才を言われるがどちらかと言うと秀才というイメージではないだろうか。そう、彼は小学3年生から360日は野球漬けという生活を皆が知っている。

そして、7年間もバッティングセンターに通うという変態じみたことまでしている。
また、小学校の卒業文集では1億円プレイヤーだと。

このエピソードを聞くと、彼は秀才だ。おそらく私も彼と同じ努力をすればかれになれた。
という気持ちが少なからず湧くほどの努力量である。

そういうところで、彼に対して応援したくなる親近感がわくのである。

2.ポリシーが明確。そして人間性もクール

これはイギリス紳士がジェントルマンであることと似ている。
一流とはプライベートも一流でなければならないのである。

例え話を上げると、毎年新年の始まりは必ず同じバッティングセンターでおこなったり、
デビューしてからお世話になっていたスカウトマンのお墓参りをおこなっていたりする。

イチメーターと言われるイチローのヒット数を球場でずっと表示し続けた女性に対して
感謝状を送ったり…etc

彼は誰がなんと言おうとかっこいい存在なのである。

3.有言実行。そして何より言ってる事がかっこいい

これは立場がそうしているのか。どうかは分からないが彼がいうことはすごくかっこいい。

「どんなときも野球で手を抜いたことは一度もなかった。」

「夢をつかむというのは一気にはできません。
小さな事を積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます」

「野球人生で最も屈辱的な日です。」

「逝きそうになりました。」など彼は野球少年のように感情をあらわにもするがかっこいい。
so coolである。

■まとめ

結局何が言いたいかというと、イチローはかっこよくすごいとうこと。少なくとも38歳には見えない。私は彼に憧れて野球を始めた。彼にはいつまでも輝き続けてほしいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>