香港がこれからアジアのハブとなる3つの理由


日本の経済は右肩下がりと言われていますが、
そんなさなか東南アジアを始めとした国は成長を続けています。

なかでも香港が東南アジアのハブとなると言われております。
なぜハブとなると言われているのかまとめました。

■アジアと接続可能な飛行便が数多く存在してる

まず交通の面で非常に優れています。
隣に存在する中国とのアクセスはもちろんのこと、近隣東南アジアや日本などにも
幅広いアクセスを誇っていることが特徴です。

また感覚も頻繁で近隣東南アジアなどには1時間に1便程度あります。

■税率で非常に優れており香港人でなくても法人登記がしやすい

圧倒的に税率ですぐれており(15%前後)、なにより日本人でも法人を作ることが可能です。
近隣のベトナムなどは税率面では非常に優れていますが、
日本人では法人が作れなかったり、送金に困ったりと課題が多くなっております。

■金融の街ということもありお金の移動が簡単に行える

香港は元から金融の街ということもあり、お金がそもそも集まることで有名です。
そういったこともあり、 日本から簡単に送金やお金を引き出したりすることが可能です。
(引き出したりはていけいしているところからしか引き出せないですが。)

■まとめ

これから日本国内より海外に出ることがマストにならざる環境が予想されます。
そのなかでどう戦略を立てて出て行くか、どこを拠点に出て行くかを明確にして行動したほうが
競争に送れない秘訣かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>