沈みゆく日本とは違い、香港の経済成長率が半端じゃない


日本はこれからどうなると思いますか?失われた20年を巻き返すV字回復?
それとも人口の減少とともに右肩下がり?

皆さんはどう思われますか?おそらく右肩下がりで間違いないと思います。
なぜなら人の数が減るわけですから、そう現状のままでは改善しません。

しかし、5時間でいける香港では伸びています。

今回は香港の成長率に関して紹介いたします。

■経済成長率が4.79%増!

日本は2012年は‐0.7%となっております。
それに対して香港4,79%の増加

この数値だけ見ても日本とどれくらいの勢いの違いがあるかが分かりますよね。

また、余談ですが予想より黒字だったため現状より法人税の低税金率化
そして一人の子供に対して90万円の補助金を払うことが2013年3月の時点で
決定されたそうです。

すごいですよね。勢いが何もかも違う。

■なぜこんなに成長しているか?それは法人税が低いから

香港は世界有数の低税金率となっております。
香港の法人税16.5%は世界でも有数の低税率であり、これによって外国企業の
香港進出が増えております。

ちなみに日本の法人税は25.5%です。
つまり100万円の利益に付き9万円違うわけです。
これが会社の規模で1億・10億となればそれは税率が低い国に行ってしまいますよね。

成長する理由もうなずけますね。

■その他の税率でも凄い優遇されてる

例えば、所得税これに関しても現在、香港は15%となっております。
ちなみに日本は累進課税といい、 給料によって異なりますが最高で55%

1000万円の給料で400万円違うとなれば、間違いなく香港で生活したほうがよさそうですね。

その他にも、2006年から相続税がなくなったり、2011年より全国民に対してキャッシュバックしたりと今の日本では考えられないほどに大盤振る舞いしています。

■まとめ

この記事はだから香港で働けという意図ではありません。
しかし、日本は住む国。香港は働く国という思考でいたほうがいいのかもしれませんね。

 

沈みゆく日本とは違い、香港の経済成長率が半端じゃない” への1件のコメント

  1. ピンバック: 香港情報まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>