意外と知らない間に貴方も犯罪を犯しているかも?|軽犯罪法に見る身近な法律


軽犯罪

おはようございます。府中野です。
本日は法律の一つである軽犯罪法について記事を書かせて頂きます。

まず、軽犯罪法とはなにか。

軽犯罪法(けいはんざいほう、昭和23年5月1日法律第39号)は、さまざまな軽微な秩序違反行為に対して拘留科料の刑を定める日本法律である。

はい。上記がWikiより抜き出した文章です。
立証まではされませんが、 拘留科料の刑。つまり
数日間の拘束や、罰金の支払いを命じれてしまいます。
その中でも、気が付かない内に案外やってしまっているかもしれないものを
今回ご紹介致します。

32:入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者

今はあまりないかもしれませんが、野球のボールが入ってしまって、、、
というケースも場合によっては犯罪になってしまいますね。。。

31:他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者

おおお、これもついしてしまっている人はいるのではないでしょうか。
(勿論、許容範囲内でしているとは思いますが、)訴えられた人は負けてしまう可能性が
かなり高い軽犯罪法ですね。

 26:街路又は公園その他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者

これは、タバコを吸っている人はたんつばに関してはまずい人が多いのではないでしょうか。
どうしても風邪気味なときなどはたんなどからみやすくなりますが、
ティッシュにはくなどして迷惑のかからない形をとりたいですね。

4:生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの

これは、、、まさかニート大国の日本にてこの軽犯罪法は。。。
国民の義務として納税の義務がありますのでそういう意味では違反しているとおもっていましたが、まさか軽犯罪法にあたるとは。

■まとめ
・意外としらない法律の豆知識。
知っていて損はありませんし、(もちろんある程度の道徳が日本人にはあると思いますので
必要ない方が多数かと思われますが)意外と見ていて楽しいです。
皆さんも調べてみては如何でしょうか。それではまた次の機会で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>