風力発電所の周辺に住む住人


風力発電所の周辺に住む住人は体調不良を起こしやすいという。

理由は単純で人間は単調すぎるリズムに悪影響を感じるから。

風力発電所からは人間の耳には聞こえないような。低周波の音が単調なリズムで流れている。この低周波に周辺住民は知らず知らずのうちに蝕まれているのだという。

低周波とは20ヘルツ以下の音を指し、人間が聞き取れない。

被害を受けるのは人間だけでなくペットや近くに住む動物にも影響を与えている。

飼い犬が狂ったように吠え続けたり、空を飛んでいる鳥が突然死する事例は後を絶たない。

同じような事例は世界各国で報告されている。

中国の拷問で眉間に水滴をたらし続けるというものがあったそうだ。一見すると拷問になるのかと疑問を持つかもしれないが、この拷問を受けたものは必ず死に至るという。

アメリカのケーブルテレビがこのネタを検証した。女性の眉間に水滴をたらし続け何時間耐えられるかを実験したのだ。女性は検証開始当初は余裕なそぶりをしていたが、実験が始まると2時間もしないうちに泣き出し、実験が終了となってしまう。

単調すぎるリズムに人間の脳は耐えられないのである。

ある国の工場では、いきなり鬱病になる社員が増えたそうだ。その時期に工場に導入されたもの。それはある製造機械だった。製造機械の一部が工場の配管と接触し、低周波を出していた事が原因だったという。

 

心理学の実験では緑一色の部屋に人間を入れたらどうなるかという実験がされたそうだ。緑は通常人を落ち着かせる色として知られているが、この実験の被験者は真逆な反応を示した。緑一色という単調で刺激がない環境におかれ続ける事で、赤が見たいという欲求にかられてしまったのだ。

被験者はやがて、自分の血を見るために自分自身を傷つけ、やがて出血多量で死んでしまったという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>