人間が頑張れるたった2つの動機づけ


皆さんはどうやって自分自身を奮い立たせていますか?
自分を奮い立たせるのってすごい難しいですよね。

そんなどうしていいかわからない貴方に学問的に簡単に
動機づけの方法をご紹介します。

この記事を開いたということは、クリックミスか動機付けを知りたい方ですネ。
さてさっそくして行きたいと思います。まず前提条件として人間は弱い生き物です。

でも弱い人間でも本質的に弱い2つの要素があります。
そこを紹介して参ります。

1.快感を得たいという欲求
→これはまあ言葉のとおりです。例えば女の子にチヤホヤされたい。
もっとほめられたい。かっこいいと言われたい。認められたい。など
承認欲求含めた欲求です。
快楽を得るために自分を馬車馬のごとく走らせましょう。

2.痛みを避けたいという欲求動機
→1より実はこちらのほうが動機が強いです。
ハングリー精神などはまさにこっち。
お腹がすいたという痛みから避けるために人間はモチベーションが高くなります。
ですので、会社をクビになった人や一度落ち込んだ人は強いのです。

この力は本当に強いです。考え方を間違えると殺人など間違った方にエネルギーが行く
可能性もあるほどです。ただ使い方をしっかりすればその分プラスにもなるわけです。

■まとめ
→いかがでしょうか。 これはけっこう有名な話ですので知っている人も多いかもしれません。
上手く使って自分を楽にしながら頑張って行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>