TDLの視覚トリック|ディズニー都市伝説


東京ディズニーランド(TDL)には視覚トリックが随所に使われているといいます。まず、シンデレラ城。シンデレラ城はワールドバザールから見ると遠くに見えますが、実際に近づくと、そんなに遠くない事がわかります。実はシンデレラ城には強化遠近法という視覚マジックが使われており、普通に見るより遠くに見えるらしいのです。

石垣は上に行くほど小さくなり、窓も下層階より上層階の方が小さく作られているの出そう。

また、ワールドバザールの出口も入り口よりも幅が狭められているそうです。これもワールドバザールを長く見せるための視覚トリックなのだとか!

世界観を大事にするディズニーらしい取り組みですね!>東京ディズニーランド都市伝説まとめ

TDLの視覚トリック|ディズニー都市伝説” への2件のコメント

  1. ピンバック: 東京ディズニーランド都市伝説まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>