貴方の貯金それで本当に大丈夫?


おはようございます。ニケたろうです。

今回は真面目なお金の話をさせて頂きます。

恐らくこのサイトをご覧になっている皆さんはほぼ100%貯金しているのではないでしょうか。

例えばゆうちょ銀行に1500万円預けていたとします。
これからの日本の現状を見ると1発で全額無くなる可能性があります。
もしくは半額になる可能性がありました。

これは脅しているわけではありません。
脅すわけではなく過去の日本には2度あってますので、事例を上げて紹介いたします。

まず、これは皆さんご存知かも知れませんgな、
今の日本の法律では1000万円以上貯金は保証されません。

つまり、さきほどの1500万円預けていた例で言うと、
銀行が潰れた場合1000万円しかかえってこないのです。

これは銀行が潰れたケース。
銀行が潰れた例で見ますと、
1998年に日本長期信用銀行
2003年に足利銀行が倒産しております。

でもメガバンク(東京三菱銀行やみずほ銀行など)にあずけていれば大丈夫でしょ?
そう思われているかたはいますが、残念ながらそれだけじゃないんです。

国の命令で日本でも過去に2度口座凍結というのがされています。

具体的にどういうことかといいますと、

政府において、財政が破綻寸前になった場合、銀行預金などの国民の資産を把握して、資産に対して税金を掛けて政府収入にあてることで、破綻から免れようとすることがある。

 

また市場に出回った通貨の流通量を制限し、インフレを金融政策で押さえる方法として実施される場合がある。その際通貨切替をして旧通貨を無効にし、市場通貨を金融機関に回収させる方法がとられることがある。この場合にも預金封鎖が行われる。

ということです。日本でも過去に二度起こっていまして、
関東大震災後・戦後1946年のインフレ時に発生しました。

また、民主党のドンと言われていた小沢さんが日本の借金(国債)を返すために、
これを実施すると週刊誌との取材で答えておりましたし、

海外でも1990年ブラジル・2001年アルゼンチンなど実施された経験があります。

後はそうですね、円の価値がなくなったりする場合がありますがこれはまた別の機会に。

■まとめ
お金のことはしょうじきあんまり知らなくて良い。という話を日本人からは聞きますが、
むしろ逆です。もっとお金にしっかりむきあってバラ色な生活をめざしましょう。

 

 

貴方の貯金それで本当に大丈夫?” への1件のコメント

  1. ピンバック: お金の増やし方・貯め方まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>