今日からできる!節約生活で100万円貯蓄する方法。


 

100万円貯蓄する節約術シリーズです。景気が良くなく今後の見通しもわからない今、自分の金融資産を守れるのは自分だけ。

今年は100万円を貯蓄しよう!そんな目標を立てた人は多いはず。100万円ではなく、200万円でも300万円でもいいのです。とにかく具体的な目標を立てて貯蓄する事が大切だと思います。

100万円貯蓄する節約術

私は1年前、お金がなく、生活するのがやっと、そんな生活を送っていました。貯金なんてありません。会社勤務をしているのですが、給料が上がらず、出ていく支出は多い。そんな感じでしたが、このままではいけない!お金を貯めようと思い立ち、色々な情報を見て今の状況で100万円のお金を貯める方法を考えました。今、私には100万円以上の貯蓄があります。とくに会社からもらえるお給料が増えたわけではありません。

ではどのようにして、100万円の貯蓄をできたのか、その方法をいくつかお教えします。誰でもできる方法をチョイスしていますので、貯蓄の参考になれば幸いです。

 

●100万円貯めるには、1ヶ月いくら貯めなければいけないのかを計算する。

100万円貯めるには、1年間の期間であれば、1ヶ月あたり、8万3千3百円を貯金する必要があります。この目標を細切れにして、小さい指標にする事でリアリティが増しますし、実際にいくら節約すればいいのかがわかります。

 

 

●タダでできる事はタダで済ます。不要なものは買わない。

無駄なものにお金を使って、お金が無くなってはいないでしょうか?例えば、無料で買えるケータイがあるのに、高いものを買ってしまったり、特に必要なものが無いのにウィンドウショッピングをして服を買ってしまう。

お金の支出を振り返るとお金がない人の傾向として、不要なものを買ってしまう為に毎月数万円の支出をしている事が多いんです。

まずは、ケータイ電話にお金をかけ過ぎるのをやめましょう。MNP制度を使えば、スマホに乗り換える時にも、ある程度のスペックがある0円ケータイをゲットする事は可能です。

ウィンドウショッピングは辞めましょう。必要なものが無いのに、一回の買い物で数万円を失う可能性もあります。必要なものを一番安く買える方法で購入しましょう。そして、洋服のブランドを見直すのもかなり有効な手段です。今はユニクロなどの安価なブランドでもそれなりのクォリティで衣服を購入する事ができます。見た目もかなり良くなっています。

私はインナーをブランド品からユニクロにシフトしました、その結果、夏の1シーズンで月5万円くらい使っていた衣服代が1万円くらいに減りました。+4万円の増収と一緒で、1年間で50万円程度のお金が貯められる計算になります。

こんな感じで自分の支出を見直し、節約をする事でお金は貯まるんです。

 

●シェアハウスに住む。

これはすぐにはできない。。。のですが、シェアハウスに住む事は一番大きな節約になります。1人暮らしをしている人は家賃と水道光熱費にいくら使っているでしょうか。1年前の私は10万円使っていました。平均的には収入の3分の1が家賃相場と言います。なので、家賃が減る事で大きく節約ができ、大きな貯蓄に繋がります。

オークハウスルームシェアジャパンなどで物件を調べる事が可能です。

サイトを見てもらえればわかるのですが、シェアハウスは1人暮らしする半額以下の家賃で暮らす事ができます。3万円、4万円の物件が当たり前にあるんです。

実は私は1年前からシェアハウスをしています。シェアハウスでの生活は割と楽しく、仲間に恵まれると、今までなんで一人暮らししていたんだろうと思うほどです。

シェアハウスで生活をする事で1ヶ月6万円のお金を節約する事ができました。この記事の冒頭で出した1ヶ月8万3千円の実に72%の金額を生める節約になります。何だかかんだ細かい節約術とかありますが、住居の節約は一番インパクトが大きいです。

みんなでご飯を自炊して食べればそれだけで食費はかなり浮きますし、飲み会代とかも浮きます。

 

●まとめ

節約はきついものというイメージがありますが、工夫をすれば楽しみながら節約して100万円を貯蓄する事はそんなに難しくありません。是非、上記の節約術で100万円をゲットしてください。

お金の増やし方・貯金方法まとめ

今日からできる!節約生活で100万円貯蓄する方法。” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>