センター試験前の過ごし方。成功者の3つの共通点。


 

いよいよセンター試験が始まります。
2013年度(平成25年度)は1月19日・20日の2日間の日程です。
センター試験は国公立大学へ入学する為の第一関門であったり、
私立大学志願者にとっては滑り止めの大学にセンター利用(センター試験
の得点だけで合否が決まる入試形式)で合格しておくことで
二次試験以降の心のゆとりを持つことができるでしょう。
センター試験で成功する人には3つの共通点があるそうです。

000000003011-640x413

●直前になったら新たな問題集には手を出さない。
センター試験直前期の鉄則と言われるこの共通点。
試験の直前になると、ライバルたちが気になったり、
自分に自身が持てなくなり、今までやった事のない問題をやって
しまう人がいますが、これは返って逆効果なんだそうです。

センター試験で出題される問題は案外平素なもの。

なので、センター試験直前は難しい問題にチャレンジする
よりも基本的な問題を振り返って再確認する事で
ケアレスミスを失くし、確実に得点につなげられるように
なります。

●暗記科目を重点的に!これが得点アップの近道
英国数はコツコツ積み重ねが必要な科目で、数日で大幅な得点アップ
はできないでしょう。しかし、歴史や理科など暗記科目は知っているか
知らないかが得点を取れるか否かの分岐点となるため、最後の追い込み
をやるかやらないかで獲得点が変わる可能性があります。
なので、今までやってきたところをもう一度振り返ると同時に、
苦手なところを最後まで暗記する事で合否がわかれる事もあります。

●規則正しい生活を送る
センター試験だけでなく試験前は規則正しい生活を送っている
人が当日有利です。直前期はつい、できるだけ多く勉強しようと
夜更かししてしまいがちですが、睡眠時間が短いと体調を崩しやすいです。

そして、頭の回転を最大限に高める時間帯をセンター試験当日と
同じにしておくことも大切です。

夜更かしをしてしまうと、頭の回転が最大になる時間帯が夜になり、
このリズムを体が覚えてしまいます。

センター試験は午前中から開始されます。なので、午前中に勉強をして、
頭の回転を高めるリズムを作っておけば、センター試験当日でも
さえた状態で試験に臨めるはずです。

●まとめ
センター試験直前になっても、あせりは禁物です。
今までやってきた範囲を再度確認し、体調管理を心掛ける事が大切です。 あと、センター直前になるとメンタル的に落ち込む人もいますが、自分に自身を持って下さい。志望校に合格できる人は大抵自分に自信を持っています。自信を持つことでポジティブになります。人間はネガティブな時よりポジティブな時の方が能力を発揮しやすいそうです。なので自分に自信を持つことは大切なのです。

がんばれ!受験生!

 

P.S

センター試験は受けっぱなしではなく解答速報を確認して次に活かす事が大切です。試験の結果と解答速報をチェックして、知識を増やす事で私大・国公立の二次試験への基礎的な知識を再確認する事ができるはずです。

センター試験を受けた後は、結果をチェックしましょう、以下、センター試験の解答速報を公開しているサイトをまとめておきますので、センター試験を終えた後にチェックしてみてください。センター試験の本部から公式な解答速報が出ますが、スピード感をもって、チェックするなら民間(主に予備校)が公開するセンター試験の解答速報をチェックするのがベストです。大手予備校のセンター試験解答速報なら信頼性が高いです。

東進の解答速報

東進ハイスクールのセンター試験解答速報です。

河合の解答速報

河合塾のセンター試験解答速報です。

代ゼミの解答速報

代々木ゼミナールの解答速報です。

リクルートの解答速報

リクルート進学ネットの解答速報です。

 パスナビの解答速報

大学受験のパスナビの解答速報です。

独立法人大学入試センターの解答速報

センター試験を実施している大学入試センターから公式に公開されるセンター試験の解答速報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>