金曜ロードショー、「ベスト・キッド」|9月7日放送


ベストキッド

2012年9月7日の金曜ロードショーは地上波初の「ベスト・キッド」(2010年8月4日公開)です。主演は、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、ジャッキー・チェン。MovieWallkerの評価は☆☆☆☆★(4つ星)となかなかの高評価です。ジェイデンくんはウィル・スミスの息子でその演技力が好評です。いやー、それにしてもジャッキー・チェンは何だか哀愁がでてきましたねー。大人の魅力で良い感じだと思います。

■ストーリー

幼い時に父を亡くし、母親を2人で暮らしていた主人公のドレは、母の転職を機にアメリカから中国へ渡る事になりました。ドレは中国になかなかなじめず、近くに住む中国人のカンフー少年チョンにいじめられてしまう。毎日、ドレはチョンから逃げてばかりいたが、ふとしたきっかけでマンションの管理人ハンに助けられます。ハンはカンフーの達人でその日を境にドレはハンからカンフーを学びます。そして、いじめっ子少年チョンとの勝負に挑みます。

■ベストキッドの感想

個人的にすごい好きな映画のひとつです、たまに日本でもウッチャン・ナンチャンのウッチャンがジャッキーのパロディをした時に映画の1シーンである、Tシャツを脱げ!着ろ!も一回脱げ!着ろ!というシーンを再現しますね。ウッチャンは生粋のジャッキーファンなのです。本人もジャッキー・チェンにどこか似ています。

単純なストーリーなのですが、ウィル・スミスの息子はものすごいカンフーの演技で本当にこんな小さな子供がこんな事できるんだー、と感動させられました。流石、ウィル・スミスの息子!ところどころコメディー的な要素も含まれていますので、家族で観ても全然OKです。

この映画が伝えたいメッセージは「成長」なのかなと思います。

自分の限界を勝手に決めてしまう事で本当はできるはずの事ができない。と言っている人はたくさんいますし、自分もときどき感じます。

自分の限界を引かず、自分に挑戦し続け、成長する大切さをこの映画は伝えてくれます。私は仕事でなんだかモチベーションが上がらないな、と感じる時には映画をみるんですが、とくに成長意欲が欠けていると思う時には「ベスト・キッド」がベストかも(笑)

一見の価値がある映画だと思います。