川崎宗則に学ぶモテ学|異性と同性から好かれるには?


モテる

おはようございます。ニケたろうです。

本日は元ソフトバンクの川崎宗則選手が大リーグシアトル・マリナーズに渡りましたが、
シーズン終了後、戦力外通知を受けてしまいました。

しかし、そんな野球成績が悪かった彼は様々な点で現地の人から好かれています。
例えば、

 「カワサキがクビ? もうマリナーズ・ファンはやめた。彼を連れ戻すために(エースの)フェリックスを日本にトレードしろ」「球団は来季からチケットを値上げするとおわびの手紙をファンに出したが、それならカワサキ放出のおわびはどうなるんだ」

ZAKUZAKU夕刊フジ参照

これは非常に凄いことで、今までの日本人ではありえません。
(新庄剛志選手は少しはあったと記憶していますが、、、)

なぜそれほどまでにアメリカ人まで川崎は惹きつけたのか。
その特徴から、無理やりモテと紐付けてみました。

1.何と言っても元気
→元気な姿がファンに、そしてチームメイトを惹きつける一番の魅力ではないでしょうか。
たぶんですが、川崎選手がめちゃくちゃネガティブだったらこんなにファンから好かれる
ことはなかったと思います。

2.声が出ている
→①の元気と少しかぶっていますが、声が出ている人間は老若男女好かれる条件の
一つではないでしょうか。

3.積極的にチームメートやファンととコミュニケーション
→川崎選手はソフトバンク時代からそうですが、ファンサービス旺盛です!
そんな姿をこどもが見ると好きになる事まちがいなし!

4.動きの一つ一つが機敏である
→川崎選手がたらたらとプレイしていたり移動しているのを見たことがありますか?
人が不快になるようなプレイをしない。これも重要な要素です。

5.前向きな積極的な態度
→中でも最もすごいなと感じたのが。この前向きな積極的な態度です。
たとえ、数字的に結果が出ていなくても声をチーム内で1番出し続ける。
仲間が結果を出したら一緒に喜ぶ。こういった姿勢は意外と出来ないものですよね。

こういった人材が同じチームに居ると非常にチームとしてうまく周りますし、
なにより周りから彼は好かれますので皆応援してくれます。

■まとめ 
・もてたいから〇〇をする。もたしかに大切だと思います。
しかし、そんな強者も川崎選手の様なぴゅあで楽しいからしている人にはぜったいに
勝てません。

好きだから野球をするように、貴方も好きだからもてるための行動をできたら最高ですね!

東海大・菅野智之投手巨人から一位指名|菅野に見る目標達成の心理学


菅野智之(写真はasahi.com様の物を使用)

おはようございます。ニケたろうです。

2012年NPBドラフト会議にて読売巨人軍が2年連続で菅野智之投手を一位指名しました。
競合する球団がなかったため、無事に読売巨人軍に入団することが決定しました。

彼は、原監督の甥ということもあり、去年も読売巨人軍からも指名を受けておりましたが、
日本ハムが交渉権を獲得。

結果として、東海大を留年する形となり、読売巨人軍への入団を目指しました。

彼のとった行動には賛否両論ありますが、
一度きりの人生。自分の道を信じて進む姿には勇ましさを感じました。
そこで、菅野さんに見る目標達成のコツをまとめました。

1.絶対に自分の意志を曲げない
→自分の意志が自分の人生を決めます。
まずは自分のゴールはどこなのか。を意識する必要があります。

2.極度に周りの批判を恐れない
→特に、菅野さんはネットなどメディアを通して批判されました。
たとえ誰がなんと言おうとも、もしくはまったく関係のない
第三者の声は気にすることはありません。

3.落ち込んでいるときは自分や未来を信じて爪を研ぐ
→落ち込んでいるときは人間はつらい場所から逃げ出したくなります。
しかし、時間は待ってくれません。
そんななか、落ち込んでいても自分の能力を磨く事が重要ではないでしょうか。

4.親しい人に相談する
→とは言え、人間は弱い生き物です。
目標達成のために支えてくれる仲間を見つけるべきでしょう。
そうすれば、外がどんなに激しい嵐でも頑丈な家があれば身を守れますから。

5.どんな状態でも自分の信じる道を突き進む
→親しい人にも止められようとも、
最後には自分の信じる道を自分の責任で
■まとめ
なにはともあれ、彼にたいする風当たりはこれからも変わりませんし、
結果を出さなければくびになってしまう厳しい世の中です。
彼の浪人を決定した際に、

「人格は木のようなものであり、評判は木の影のような
ものである。刻々と移り変わっていく影など気にせずに、
ただまっすぐに成長していればいいのだ」
エイブラハム・リンカーン

を思い出しました。菅野さんには球界を代表する名投手になってほしいものです。

【神動画】世界よこれがイチローの走塁だ!


イチロー神走塁

イチロー神走塁(スポニチさんの画像をお借りしております。)

おはようございます。ニケたろうです。
先日2012年10月9日に行われました。
ニューヨーク・ヤンキースVS BALとのプレーオフ第二戦にて
イチロー選手が神がかった走塁を見せ、キャッチャーのタッチを
2回かわしてホームインしました。
まずは下記動画から御覧ください。
イチロー

 ■どこが凄いのか
・動画を見れば分かると思うのですが今回のプレイでイチロー選手がすごいのを
3点上げさせて頂きます。

1.キャッチャーの動きを予測した上で行動に移せる身体能力
・これは見てすぐに分かると思います。
何と言ってもタッチをぎりぎりでかいくぐって、ついセーフが欲しくてスピードアップするところを
あえてスピードダウンして交わすテクニック。素晴らしいですねー。
また、

2.怪我しないからだ
・一度怪我したことがある人なら分かると思いますが、
けっこうトップスピードから急にブレーキするのは恐いです。
一プレイではありますがこのような走塁をして怪我しない体すばらしい。 

3. 三塁ランナーコーチの判断力
・何と言ってもこれですね。強肩のライトがボールを放おった瞬間にイチローは
三塁にいました。しかし、コーチは本塁突撃を支持します。。。
セーフになったから良かったものを。。。タイミングは完全にアウトですw

■まとめ
・イチローは日本のタカラです。なんとしてもワールドシリーズ制覇してほしいですね!
がんばれイチロー!世界のイチロー!

金本知憲引退|今までありがとう兄貴!


金本

おはようございます。府中野です。

先日9月12日、金本知憲兄貴が引退を発表しました。
いやー一時代の終焉ですね。
最近はレフトからショートまでボールを投げられないなどファンやマスコミから叩かれていましたが、阪神の優勝を支えたメンバー。素直にお疲れ様でした。と言いたいですね。

さて、今回は金本伝説を紹介したいと思います。
続きを読む