「ネオンテトラ」小型熱帯魚の代名詞と言っても過言ではない魚


水槽のネオンテトラ

ネオンテトラは熱帯魚の代名詞と言っていいくらい、大人気の魚です。

自然ではアマゾンに生息しているネオンテトラ。街のネオンのようにブルーに光り輝く姿はついつい時間を忘れて見とれてしまします。

体長はカージナルテトラより小さく、成魚でも、3cm~5cmくらいの大きさのとても小柄な熱帯魚です。水槽サイズにもよりますが、60cm水槽なら、20~30匹で群生させて、上の画像のように、たくさんの水槽でコーディネートしてあげると、とても美しい水槽になります。水質に適応する能力の高いネオンテトラは初心者でも飼いやすい熱帯魚です。

91be7af1f8513fdc0d29-LL

 ■ネオンテトラが群生する水槽は

  とても美しい。

 

 

 

寿命はうまく育てればm3,4年くらいは生きます。繁殖は一応可能ですが、初心者だと難しいようです。

ネオンテトラの育成にとって重要なのが餌。ネオンテトラの特徴的な発色をより美しく見せるためには、テトラプランクトンなどの餌を与えると良いと言われます。

都会の暮らしにかわいい安らぎ|グッピーの飼育


グッピーという熱帯魚をご存知でしょうか。グッピーは尾びれが大変美しい魚で、かつ買いやすいので熱帯魚初心者に人気のある魚です。

グッピーは胎生の魚です。胎生とは、子供を生む時に卵で産むのではなく、哺乳類の様に赤ちゃんを産む事をそう呼びます。

なので、朝に水槽を見たら、あ、グッピーの赤ちゃんが。なんていうサプライズもグッピー飼育の楽しみです。

私が特に好きなグッピーの種類はブルーグラスという種類。グッピーには色々な種類があるのですが、その中でもブルーの個体はとても美しいです。

images (1)

こちらがブルーグラス。鮮やかな青い発色をしているグッピーです。

images (4)

同じブルーグラスでも、個体によって、発色は異なります。たとえばこのブルーグラスは青が体にも含まれています。

images (2)

尾の大きさも個体によってさまざまです。一般的には尾の面積が大きければ大きい、グッピーほど、良い個体と評価されます。

images

ブルーグラスの”グラス”とはまだら模様の事を示します。この個体はブルーなのですが、ブレオ呼ばれます。

images (3)

この地味~な魚も実はブルーグラスです。厳密にはブルーグラスのメスです。美しく発色するグッピーは実はオスだけなのです。クジャクとかと同じように、グッピーはオスがうつくしい動物なのです。

熱帯魚には色々な種類がいるのですが、グッピーは特におススメです。私も最初に飼った熱帯魚はグッピーでした。成魚になっても、5cm程度なので、大型の設備が必要ないのも飼いやすい理由の一つです。

熱帯魚入門vol.1|一人暮らしに最適なペット熱帯魚


photo02

私は東京で一人暮らしをしていました。埼玉県出身で就職を機に東京で一人暮らしを始めた私にとって、会社から帰ってきた部屋や、休日はとてもさみしく、孤独でした。友達もいない。近所に知り合いもいない私にとっての唯一無二の親友は熱帯魚でした。熱帯魚たちは私の東京に汚されてしまった心を浄化してくれる、大切な存在でした。

同じように東京で一人暮らしをしていて、友達もいなく、さみしい思いをしていらっしゃる方がいたら、是非、おすすめするのが熱帯魚を飼う事です。

■熱帯魚を飼うべき3つの理由

▼家族ができる。

熱帯魚

一人暮らしで恋人もいない、家族もいない人にとって、熱帯魚たちはとても良き家族となるでしょう。小型の熱帯魚なら60cm水槽で数十匹飼う事も容易なので、あなたはたちまち1人暮らしの孤独から解放され、大家族の1員のような気分になります。しかも、あなたの家の主はあなた一人だけです。つまり、自分のあるべき姿の家をあなたは低コストで実現できるのです。

 

▼飼うのが、楽で低コスト

熱帯魚水槽のお掃除

熱帯魚の種類にもよりますが、飼育は比較的簡単です。熱帯魚は温度調整やプランクトンなどの環境を作らないと弱ってしまうので、難しい。そう思う人が多いのですが、飼育の基本的な方法さえ間違わなければ、彼らが本来もっている生命力で長く健やかに、あなたと共に生きるでしょう。しかも、犬や猫などのペットと比較するとかなり、手間がかかりません。犬や猫は病気予防の為の注射やトリミング、毎日定期的なエサを与えなくてはなりませんし、散歩など、ストレス解消の為の運動をさせなければなりません。ただでさえ多忙なあなたにとってそれは負わなくてもいい責務です。しかし、犬や猫を愛するあまり、その責務を負い、余計に疲れている人は珍しくないのです。加えて、熱帯魚は低コストです。犬猫は購入するだけで数万円~数十万円のコストを必要としますし、予防接種や病院、トリミング代とエサ代だけで年間数万円のランニングコストを必要とします。しかし、熱帯魚は一度、数千円~数万円の設備と魚を購入してしまえばあとは水代と年間数千円のエサ代しか必要としません。彼らはエコノミーなペットなのです。部屋を汚したり、ひっかき傷をつけたり、鳴いたりもしません。とても、静かな同居人として、あなたと生活を共にするでしょう。

 

▼インテリアとして、最適

インテリア水槽

熱帯魚はあなたの友人という意味以外にあなたの住居にとって価値をもたらします。インテリア水槽という言葉を耳にしたことはありませんか。彼らはペットとしての役目とともにインテリアとなるのです。彼らの住む水槽は部屋を明るくし、あなたの心を明るくするでしょう。水槽のある部屋は人間が本来求める、自然の雰囲気をもたらす、まさにコンクリートジャングルのオアシスです。もしも、あなたがパートナーとしたい人が現れた時も熱帯魚の水槽がある部屋に招いてみる事をお勧めします。きっとパートナーとなる人はインテリア水槽とあなたのセンスに引き付けられ、あなたへの好感度は急上昇し、二人の距離は急接近するでしょう。水族館がデートスポットになるくらいなので、ロマンチック=おしゃれな水槽と魚という雰囲気が巷にはびこっています。その異質な雰囲気は人と人とを繋ぐ架け橋となるのです。

 

いかがでしたか?熱帯魚の魅力が少しでも伝わったら本望です。本サイトでは熱帯魚に関するコラムを連載していきますので、ぜひ、右上にあるRSSボタンをクリックするか、facebookでいいねを押して、定期的にサイトに遊びにきてください。あなたにとって”ためになる”熱帯魚の情報が手に入るはずです。