2sh系怖い話|「ゴードン・ノースコット事件」


GA062_L

小学生くらいの男子を20人以上も誘拐して、性的な暴行を加えていた。また、自分と同じ性癖の者にも「貸し出し」していた。
誘拐した少年に飽きたら殺害し、死体には生石灰をかけ白骨化させた後に砂漠に埋めた。
母親には誘拐、親戚の少年には誘拐や少年の殺害などをやらせていた。

たまに少年を殺しそこなっていた、甥に「こいつを殺さなきゃお前を殺す」と脅してとどめをささせていた。
首を切って殺害したメキシコ人の事件により、事件が発覚。

誘拐されたうちの一人、ウォルター・コリンズ少年が誘拐され行方不明となった日、母親は警察に相談したが取り合ってもらえなかった。
後に「発見された」として連れて来られたのは見知らぬ家出少年。
母親は「ウォルターではない」と再三訴えたが異常者として精神病院にぶち込まれた。
母親のクリスティン・コリンズに降りかかった不幸は映画化され、(「チェンジリング」)有名になった。

2sh系怖い話|「ゴードン・ノースコット事件」” への1件のコメント

  1. ピンバック: 怖い話まとめ | TAMENARU ~ためなる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>