食の国産志向、過去最低。


 

日本政策金融公庫は14日、2012年度上半期の消費者動向調査結果を発表した。食料品を購入する際に国産かどうかを気にすると答えた人は70.6%と、1月の前回調査に比べ3.5ポイント低下。外食の場合も7.8ポイント低下の25.1%となり、08年5月の調査開始以来、いずれも最低となった。
 厳しい経済状況が続き、節約志向が強まる中、安価な外国産農産物への期待が高まっていることが浮き彫りになった。環太平洋連携協定(TPP)など貿易自由化をめぐる議論にも影響しそうだ。
 価格が外国産に比べ1割以上高くても国産を選ぶと答えた人も7.4ポイント低下の51.2%と最低を更新。品目別では、コメが70.3%、野菜が57.7%、魚介類が46.3%、牛肉が45.7%、果物が41.4%などと、いずれも最低となった。

 

上記、Yahoo!ニュースからの抜粋です。消費者の食に対する国産にこだわる度合が過去最低となりました。

この事実から私なりに考えた仮説は、終わりの見えない(というより上昇が期待できない)経済指標のオンパレードである日本で国民は保守的になり、よりお金を使わない傾向になりつつあり、最も生活コストの削減に繋がる食で、「質より、価格」と考える傾向になっていると考えています。

その根拠となる資料の一部を何点か紹介します。

 

■所得の推移

image

サラリーマンの所得はこの15年で10%も下がっています。年間数十万の収入が減っているわけですから、節約ブームも必然と言えるでしょう。平均年収のデータなので。まだ働けている人は良いでしょうが、リーマンショック以降にリストラされた人など、節約しなければ、生きていけないかもしれません。

 

■国民の税負担

image

それに対して、欧米諸国に比べ日本は税を搾取する割に還元していないという事実。国民が負う税の負担は大きい割に、還元率が低いときました。

今までの経済状況なら、未来で得られる大きな収益(経済成長)を期待して、貯金をしなくても節約しなくてもよかったでしょうが、今は、働けど、わが暮らし楽にはならずという状況です。

 

■極め付けはこれ、物価は高止まり。

image

上記2点の現状があるのに、物価は高止まりです。

日本史で過去に百姓を苦しめた状況に近づき始めているのかもしれません。そういう状況になっているのに国民が気づかないのは状況が徐々に進行しているからにほかなりません。

 

同じ食物が同じ価格で買えるなら、産地はこだわらない。それはなにも食に限定される話ではありません。今は既得権者や政府が販売を規制していますが、サムスンやLGの家電が家電量販店を占拠した日には、日本のマーケットに依存する国内メーカーは即死するでしょう。

完全にこれは環境要因が影響していると思います。なので、国内の職に対する意識調査の結果で国民の愛国心が薄れているという人がたまにいますが、それは間違いだと思います。むしろ、そんな事言える余裕があるやつは農家でもやって、国産の食材を安く売れと言いたいです。

私たちができる事、それは今の問題に目を向けて、声を上げる事です。私たちは税金を支払い間接民主主義の元政府に国民の健全な幸福をゆだねています。それならば今の問題をなげかけて、彼らに考えさせるべきではないでしょうか?彼らは別に特権階級の貴族ではないのですよ。

彼らは特権階級のような高収入を得て、われわれの生活を度外視しているのかもしれませんよ。

マクドナルドのチーズバーガーがうまいなんて言っている人は10年後、ハンバーガーすら食えずに空を食っていくだけの道を歩きたいのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>