国内に1400万台以上!windowsXPは7の10倍危険!マイクロソフトが警告


マイクロソフトがwindowsXPを移行するようにと警告している。
XPは12年以上前に発売されたマイクロソフトのOSで2014年にサポートが切れる。

サポートが切れた後も使用を継続すればPCはウィルスなどの危険にさらされる可能性が高くなり、その脅威はwindows7の10倍にも及ぶという。

国内で利用されているwindowsXPは現在の所、1400万台以上と言われ、企業担当者は移行に向けた準備をする必要が出てきそうだ。

XPの移行先としてはwindows7や8、近い将来発売されるであろうblueを念頭に置いておきたい。

中古のPCなどで7や8に対応している機種があるなら中古を買った方が安い場合もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>