【ノーベル賞受賞】医学生理学賞に山中伸弥京都大学教授


yamanaka

【ノーベル賞受賞】医学生理学賞に山中伸弥京都大学教授が選ばれたそうです。
画像はNewsバードのものを使用させて頂いております。

すごい快挙です!感動しました。
詳細をまずは紹介させて頂きます。

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と、英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士に授与すると発表した。

 

すごいですねー!具体的に何をしたかといいますと、
山中教授は、皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出しました。
拒絶反応のない再生医療や難病の仕組み解明、新薬の開発など、医療全般での応用が期待される。最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年あまりという異例のスピード受賞だそうです。
すごいですねー。同じ日本人であることを誇りに思います。

山中氏らは、受精卵から作る胚性幹細胞(ES細胞)や、受精させていない卵子の中で働く24種類の遺伝子を特定。06年8月、おとなのマウスの皮膚細胞にわずか四つの遺伝子を組み込んで細胞を「初期化」し、ES細胞とほぼ同じ多能性と増殖能力を持つ細胞に変化させたと発表。人工多能性幹細胞(iPS細胞)と名付けた。07年11月には、同様の手法でヒトの皮膚細胞からiPS細胞を作ったことも報告した。

 

ただ、まだ新薬の開発や実用化は進んでおらず、山中さんは下記のように語っておりました。

iPS細胞は新しい技術。仕事は終わっておらず、本当の医学への貢献をこれから実現させなければいけない。
これからの発展への期待の意味が大きいと思う。速やかに現場に戻り、研究に取り組みたい。
また国の研究費支援に感謝し、「私は無名の研究者だった。国の支援がなければ受賞できなかった。日本という国が受賞した」と話した。

すごいですねー。これから世界を良くしていく事に貢献して欲しいですね。

■まとめ
・山中教授ご受賞おめでとうございます。
わたしたちビジネスパーソンも世界をよくすべき全力で働きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>